アコムは内緒で借りてもばれない?

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融アコム業者の大多数は銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合ローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

消費者金融アコムは貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融アコムに借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップで堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融アコム業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。

引用:http://www.toya-usu-volcanomeister.net/karikata/barenai.html

消費者金融のアコムのキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

しかし、アコムのカードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが第一の条件なのです。

アコムのカードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合には、アコムのカードローンは解約しておくことをおすすめします。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためアコムのカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合インターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融アコムごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

消費者金融のアコムのキャッシングと銀行のアコムのカードローンには違いがあるってご存知でしたか?それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやアコムのキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、消費者金融レディースローンを用意しているところも多いので女性でも安心して申し込めると人気です。